株式会社ゴープラス アクセス プライバシーポリシー お問合せ

トップページ会社案内業務案内機械カタログ工事経歴施工例

業務案内 株式会社ゴープラスから技術サービスのご提供

杭打・山留(重仮設)工事

杭打・山留(重仮設)工事 杭工事とは、建築構造物や土木構造物を支える柱(杭)を土中に設置する工事です。
大型構造物では場所打ち杭や既成コンクリート杭を用いることが多く、住宅など小型建築物は柱状改良杭、圧入型鋼管杭が多いです。また地滑り地帯の地盤を抑えるための抑止杭は鋼管、道路拡幅における各種工法の支柱杭はH型鋼など、いろいろな形があります。又、構造物解体にともない、杭を引抜く工事もあります。
山留工事とは、地下工事や斜面での掘削工事で地山の崩壊を防ぐ工事です。
H型鋼や鋼矢板などの鋼材を用いて施工することが多いです。本来は仮設工事に分類されますが機械の種類の関係上一緒にしました。


工法説明はこちら



敷地造成工事

敷地造成工事とは、各種申請に基づき新たに宅地などを造成する場合の、境界壁の築造や水路の設置、地盤の切土や盛土、また、今使用の畑などの高さを変えたり土の入れ替えなどを行う工事です。
お問合せはコチラ


土工事

土工事	土工事とは、建築構造物や土木構造物の基礎を作る為にバックホウなどを用いて土を動かす工事です。
構造物の基礎を作る際に掘削する作業を根切(ねぎり)と呼びます。
地形、場所、地下水位などに応じて適した工法にて作業を行います。
根切後、地下構造体を築造し、その外周や床の部分などを埋めます。
この埋める作業を埋め戻しと呼びます。
地盤が沈まないように埋めた箇所はローラーなどを用いて締め固めを行います。
この土工事を行うと、多くの現場では構造物と同じ分だけ土が余ります。道路や橋などを作る公共土木工事はこの土の処分場所が指定されていますが、公共建築工事の多くや民間工事は指定がなく、造成工事などに流用することが多いです。


仮設工事

仮設工事


仮設工事とは、字の通り「仮に設ける」もので、工事をするに当たり直接構造物を作るためのものではなく、働く人のための必要となる仮設事務所やトイレ、仮囲い、高所作業をするための単管パイプや枠組み足場などといった既成足場材を用いた足場などのを設置、撤去をする工事です。
また工事現場の騒音や落下物によって近隣の皆様へのご迷惑を軽減する役割もあります。


コンクリート工事

コンクリート工事とは、RC(鉄筋コンクリート)造、SRC(鉄筋鉄骨コンクリート)造、S(鉄骨)造、木造の各種建物の基礎や躯体(くたい、構造物の形)のコンクリートを打設(だせつ、型枠に流し込む作業)する工事です。 現在はコンクリートプラントにて製作したコンクリートをトラックミキサ(ミキサー車)で現場へ運搬し、コンクリートポンプ車を使用して 打設します。バイブレーターなどを使用して建物の各部へ充填させるための作業を行います。

解体・産業廃棄物収集運搬工事

解体・産業廃棄物収集運搬工事
解体工事とは、RC(鉄筋コンクリート)造、SRC(鉄筋鉄骨コンクリート)造、S(鉄骨)造、木造の各種建物の基礎や躯体(構造物の形)を取り壊す工事です。
解体したコンクリートくずや木くず、ガラスくずなどは産業廃棄物となるためマニフェスト(誰の注文で、いつ、どこで、どの業者が、何を、どのくらい、どの車で運んで、どこに処分したかが追跡できるようになっている書式)をつかって適正に処分いたします。 この産業廃棄物が昔は野焼きや不法投棄する業者がいたため、今は厳しく管理されています。




TOPページ会社案内業務案内機械カタログ工事経歴施工例お問合せページトップへ

杭打・山留工事敷地造成工事土工事仮設工事コンクリート工事解体・産業廃棄物収集運搬


Copyright2007 ゴープラス All Rights Reserved.